歯石は歯の自然の補強作用:
歯の噛む力は50キロ近くあり、顎は前後左右に色々な動きをします。かみ合わせの不調和が有ると歯が50キロ近くの力で揺り動かされる為に骨が破壊され歯周病になります。歯石はグラグラになった歯を固定しようとする自然の補強作用と考えられます。原因を絶たず、結果だけの処置をすると問題を起こします。ご注意!ご注意!


先日お見えのある患者さん、歯石除去後に常に問題を起こすそうで歯医者にインプラント奨められたと言う事で当院にお見えに成りました。実際にお口の中を拝見すると下の前歯6本がグラグラしその内の1本は今にも抜けそうでした。当院で歯の負担を取ってあげるとその場で楽に成ったと奥さんに話されていました。20日後位に再度拝見させて頂くと歯の揺れは止まり、インプラントもする必要もなくなり何十万円も出さなくて済み2回の診療で終了しました。


或る患者さんが歯医者と知り合いになり歯石を取ってあげると歯医者に言われ行ったら女の子がガリガリ歯石を取ったら歯がグラグラになり総入れ歯に成ったそうです。先生にこんな事したらお客さんが逃げてしまうと言ったそうですが歯医者は歯石は悪いものだから取らなくては駄目と聞く耳を持たなかったそうです。


また或る患者さん、歯石を取ったら歯が浮き上がり、頭痛肩こりその他歯にも体にも問題をお起こしたそうです。


或る掲示板の書き込みから:
わたしの父が歯石除去の時にかなり力強くゴリゴリと削られたようで、それをきっかけに今までなんともなかった歯が一部何本かグラグラするようになった。父はもうしょうがないと諦めています。その時は何本かだけグラグラしていたのが今では全体的にグラグラすると父は違和感を訴えています。